家づくりの資金計画

公開しないための家づくり資金計画

「無理なく理想の暮らし実現する
資金計画はお任せ下さい

多くの方にとって一生で一度の買い物であるマイホーム。
はじめて買う物だからこそ、「いくらぐらいが自分にとって適正なのか」「どうやってローンを決めればいいのか」
「いつが買い時なのか」など、分からずに悩まれる方も数多くいらっしゃるかと思います。
お客さまのライフプランから、資金計画・返済計画をご提案いたしますので、
まずはお気軽にご相談ください。

家づくりに必要なお金は土地と建物だけ?

いいえ。家づくりに必要なお金は、土地代、建物代以外にも必要です。
家づくりには、どんなお金が必要で、トータルいくらになるのかってとても分かりにくいですよね。 お店で売られている商品であれば値段がついていますが、家はさまざまな条件で金額が決まるので、値札はついていません。
一般的に家づくりに必要な費用は「土地代」+「建物代」とお考えの方が多いのですが、その他に必要な費用としても諸費用があります

家づくりにかかる諸費用とは?

土地・建築諸費用

  • ・ローン手数料
  • ・印紙代
  • ・ローン保証料
  • ・火災保険
  • ・仲介手数料
    (仲介物件の場合)
  • etc...

土地1300万 建物1700円の場合 約100〜150万円諸費用が必要になります!

諸費用もしっかり計算に入れて、予算オーバーしないように考えることが大切です

注文住宅は予算オーバーすると良く聞きますが、どうやったら予算内に収まりますか?

ご安心ください!これさえ守れば、ほぼ予算内に収まります。
多くの方が、心配されているのが家づくりの「ご予算」のこと。
注文住宅を建てられた方のほとんどが、はじめに設定した予算を大きくオーバーしているのが現状です。 納得されての予算オーバーなら良いのですが、予期せぬ事態での予算オーバーは避けたいものですね。 では、家づくりを予算内に収めるためにはどのように進めていけば良いのかと言うと、「土地と建物を同時進行で検討していく」という、たったこれだけです。 もし、あなたが予算内に収めようと思っているのであれば、これだけは覚えておいてください。 それでは、「土地だけ」「建物だけ」先に決めてしまうとどのようなことが起きるのか、失敗例を見てみましょう。

土地先行型Aさまの場合予算 3500万円

「子どもを転校させたくない」と考えていたAさまは、総額3500万円で家づくり計画をスタートしました。
以前、家づくりに相談したローコストハウスメーカーの営業マンからは約1500万円あれば、希望の間取りの家が建てられると聞いていたので、土地代に2000万円充てられると考えていました。

  • 少しばかり特殊な土地でしたが希望の立地条件だったの購入。
  • 特殊形状の土地だと間取りが複雑になり、当初聞いていた金額よりも予算がオーバーしてしまった。
  • 土地によって建物にかかる費用が変動することを認識しておらず、予算がオーバーしてしまいました。

建物先行型Bさまの場合予算 3500万円

土地が決まっていない状態で、自分好みのデザインの家を販売しているハウスメーカーに家づくりを依頼。
総予算は3500万円で、希望の間取りであれば2200万円で建てられると説明を受け、営業マンにすすめられるがまま建物契約を結んでしまいました。土地にも1300万円充てられると計算して、ようやく土地探しをスタートしました。

  • デザインが気に入っていたので、建物契約を先に結んでから家づくりをスタート。
  • いざ、希望エリアで土地を探してみると予算に収まる土地が無いことに気付き、気に入った土地は1800万円もしました。
  • 希望エリアの土地の相場を把握していなかったので、土地代が大幅に予算がオーバーしてしまいました。

同時進行型(勝美住宅)Cさまの場合予算 3500万円

家づくりの予算を3500万円と決めて、勝美住宅に相談しました。土地も建物も妥協したくないので、土地探しと建物のプランを同時進行で検討。 気になる土地が見つかったら、その都度プランニングと見積もりを出してもらい、ほぼ予算内に収めることができました。

  • トータルの予算と「土地」「建物」の両方の希望を伝えていたため、理想の間取り・プランを実現できる、ほぼ希望に沿った候補地が見つかり、微調整をかけながら家づくりを進めることができた。
  • 土地も建物も大きな妥協をすることなく満足する家が完成しました。

「後悔しない家づくり」をするためにも土地と建物は同時進行で検討することをおすすめします

税金が戻ってくると聞いたんですがホントですか?

本当です!
「住宅ローン控除」や「すまい給付金」のご相談もおまかせください!
家を購入する間に、ぜひ知っておきたいのが住まいに関する減税、給付金の制度についてです。
平成26年4月に消費税率が8%に引き上げられましたが、時期を同じくして、住まいに関するさまざまな 減税対策が実施されているのをご存知でしたか?
住宅購入に関する減税対策としては、これまでと同じように住宅ローン控除がありますが、それとは別に 「住まい給付金」という、新たな補助金制度が始まっています。
「住宅ローン控除」「すまい給付金」この2つの制度をうまく活用することで、数百万円もお得に住宅購入することができます。
勝美住宅では、これら家づくりの減税制度についてのご相談も可能です。
もっと詳しく知りたいという方はお気軽にご相談ください。

今すぐいくらぐらい給付金を受け取れるかをシミュレーションしてみる

すまい給付金シミュレーション

「住宅ローン控除」「すまい給付金」についての手続き、申請など詳しい話をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

得する共働き夫婦の住宅ローンの組み方のアドバイスも可能です
共働きのご夫婦からの住宅購入のご相談をいただく際に、「夫婦でどのように住宅ローンを組めば良いのか?」 「夫婦でローンを組んだ場合の住宅ローン控除はどうなるのか?」というご質問をいただくことが数多くあります。 勝美住宅では、お客さまご夫婦が住宅ローンを組むときに最適なローンの組み方、住宅ローン控除・すまい給付金の受け方についてもアドバイスしています。
ご夫婦でのローンの組み方を変えるだけで、無駄な費用を抑えたり、すまい給付金を多くもらえることもあります。
まずはお気軽にご相談ください。

知らないと損をしてしまう家づくりのコツをわかりやすくご説明しています

本当に適正な住宅ローンの額って?

大事なのは、「借りられる」よりも「返せる」ことです。
「住宅ローンをいくらまで借りられるのか?」ということを考える営業マンが多い中、勝美住宅の営業マンは、 お客様が月々いくらまでなら返済可能かということに重きを置いて住宅ローンのアドバイスを行っています。
また、光熱費や将来の修繕費など住まいに関する一生涯のライフサイクルコストを考えた最適なマネープランをご提案します。

勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」 勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」