兵庫県(神戸・明石・姫路)の分譲戸建・注文住宅なら勝美住宅【KATSUMI】

見学会イベント来場予約 モデルハウス
来場予約

MENU

BLOG

スタッフブログ

2016/02/03 | 共働き住まい研究所

★自分時間-共働き夫婦の自分時間づくり

子供部屋、書斎などママ以外のプライベート空間って自然に確保されているけれどママの空間は「キッチン」。なんて思われている気がするのは私の被害妄想でしょうか?なんなら、「家全体がママの城」みたいに思われていたり・・・違いますよね。ボランティアで家を切り盛りしているだけで(笑)

 

じゃあ、ママ空間いる?って聞かれたら「う~ん?いるかな?」だけど仕事が趣味・・・(ウソです#^.^#)特に趣味のない私にとっては、もし、こんな空間があれば子供のアルバム丁寧に作ってみようとか、キッチンの近くにあればパソコンやタブレットを置いてレシピ検索や買い物もネットで済ませるかなとか、副業始めるか(笑)とか色々夢は広がります。

それにリビングやダイニングで自分の物を広げると、その都度片付けないといけないけれど自分の場所ならパパッと傍らに寄せて置く事もできるから、ママ空間があればいいなあって思います。

 

個室のママ空間


お化粧できるように手洗いや鏡を設けました。まさにママのお城♪panasoni〇のナノケア出しっぱなにできるから日々のフェイスケアきちんとできるし、座れるのでフェイスケアしながらファッション誌読みまくれます。洗面室やキッチンからもアクセスできて時間のないママも重宝します。

 

 

 

 

寝室に設けたママ空間


子供が寝静まった静かな時間。ママも寝る前にちょこっと自分時間をとるには寝室に設けたママ空間は便利です。子供に触られたくない趣味のものがあるときも便利です。

 

キッチンの脇のママ空間


家事の合間にちょこちょこ寄れる距離にあるのも便利です。パソコンが置けて作業できるぐらいのスペースがあると子供のお帳面を記入したり、学校からのお便りをストックできます。

 

 

キッチンと同じ高さでカウンターをつくれば、お料理の作業台としても重宝します。

 

子供が小さい頃は「趣味?そんな時間ないよ。」って思っていましたが子供の成長ってあっという間。小学生にもなれば「いってきまーす。」って勝手に遊びに行ってしまって「あれっ?私ヒマ?」ってさみしい想いをしたのを覚えています。

仕事の時間も自分時間だけれど、仕事以外の自分時間を持てる空間づくりは家事の負担が多いとか(旦那へのストレス)、仕事のストレスとかためないコツかも。

 

プロフィール


ブログ

9歳の男の子と1歳の女の子をもつママです。明石で一戸建て住宅をつくる勝美住宅で働いてもう15年ぐらいになります。1歳の長女が生まれ、ただ今ドタバタ生活を満喫中です^^

私自身の「共働き」体験などをもとに、私が「いいな!」と思った「時短」「収納アイデア」「便利グッズ」などを公開していきたいと思います。夢は「共働き専用住宅」をつくることです。


 

 

 

CATEGORYカテゴリー

  • お知らせ

  • 受付

  • 営業部

  • 平屋のススメ

  • 建築部

  • 共働き住まい研究所

  • マママイスター活動報告

  • 無垢の杉の魅力

  • お客様の家

ARCHIVEアーカイブ

CONTACT US