Grand Style Grand Style

永く住める生涯コスト
を考えたゆとりの暮らし

経済的な豊かさを実現する性能

グラン・スタイルは、
HEAT20 G2グレードをクリアした※地域区分6地域
業界最高水準の断熱性と気密性を誇ります。
その高断熱・高気密性能は
快適な暮らしを実現するだけではなく、
経済的な豊かさも実現する住まいです。

Grand Style Grand Style

人生設計の中で
考える住まい

人生の中で教育や老後の費用と並んで大きな支出である「住まいの費用」。
住まいの費用は住宅購入費だけではなく、メンテナンス費、光熱費といったさまざまな維持管理費が発生します。
グラン・スタイルの家づくりは、目に見えない費用を少なく抑えることが出来るので、
住んでから後の費用を大幅に削減できます。

Grand Style
Grand Style Grand Style

目に見えない費用を
抑える家づくり

目に見える部分(建築費用)よりも多くの費用がかかる目に見えない部分(維持管理費)の費用。
これらを抑えるには、気密性、断熱性、耐震性など
住まいの性能を高くすることが大切です。

住まいの性能の差は
「大きな支出の差」

質の高い住まいを建築、維持管理することは資産価値の向上に
繋がります。資産活用する場合など、将来にわたり安心した暮らしを
実現するためにも、住まいづくりにおいて重要なポイントです。

光熱費の差は60年で

合計約 315 万円 ※3

一生支払い続ける光熱費は、
住まいの性能で大幅に削減します。

Grand Style Grand Style
※1 光熱費は、関わるデータソースに基づく38.22坪・4LDKの1プランにおいて算出した結果となります。
算出結果はプラン・諸条件により異なり、表記の金額を保証するものではありません。
※2 UA値は6地域のものです。

永く住み続けられる住まいの価値

暖かい家に住むほど健康寿命が長いと言われています。
グラン・スタイルの住まいは、冬期における室内の体感温度を概ね13℃下回らない断熱性能を満たし、
快適な環境をつくると共に、家族の健康寿命を延ばすことも可能です。
住宅ローンが終了する65歳頃。健康の価値が分かるのも、丁度この頃からです。

維持管理のしやすさによるメンテナンス費用の差

合計約 300 万円※5
Grand Style
※3 メンテナンス費用は概算であり、当社が提案するメンテナンススケジュールにより算出した金額で、日常点検・部分補修費用および、仮設足場費用などは含まれておりません。
実際の工事にあたりお客様へ提示する際は必ず現場調査、見積が必要となります。
地域環境や使用条件によって劣化の進行状況が異なりますので、目安としてご覧ください。あくまで参考例で、内容を保証するものではありません。
※4 断熱材内部の結露による劣化を35年保証します。
保証対象となる断熱材は、壁パネル、屋根パネル、小屋パネルに使用している硬質ウレタンフォームとなります、
  • Grand Style

    地震に負けない
    耐震や制震

  • Grand Style

    高耐候・高耐久の素材
    メンテナンス費用を軽減

  • Grand Style

    資産価値を高める
    長期優良住宅 ※7

    ※7 性能評価認定には別途費用必要です

永く住み続けることができる
住まいは、
将来を見据えた
かしこい家づくりです。

住まいがつくる健康の価値

暖かい家に住むほど健康寿命が長いと言われています。
グラン・スタイルの住まいは、冬期における室内の体感温度を概ね13℃下回らない断※5熱性能を満たし、
快適な環境をつくると共に、
家族の健康寿命を延ばすことも可能です。
健康寿命を延ばすことで、高額な介護医療費を軽減することができます。

65歳以上の介護医療費は1人あたり

合計約 101.2 万円※6(全国平均)
Grand Style
※5 HEAT20 G2 6地域における断熱仕様を満たすことを意味します。
※6 出典 内閣府 第七回ワーキング・グループ 資料3 厚生労働省提出資料
※7 厚生労働省の資料を基に作成(2018年発表)
  • Grand Style

    寝室を快適な温度に保つと

    睡眠効率が UP

  • Grand Style

    高断熱の住まいに転居すると

    疾患が 改善傾向

  • Grand Style

    暖かい住まいで暮らし続けると

    健康を維持する

グラン・スタイルに住むことで
健康価値を高めつつ、
介護・医療費の削減も実現します。
Grand Style Grand Style

グラン・スタイルに住むと
お得がいっぱい

人生で一番高い買い物は土地・建物と言われますが、
生涯で支払う光熱費などの維持管理費用は住宅ローンよりも高額です。
断熱性・気密性に優れたグラン・スタイルは、快適な暮らしを提供するだけでなく、
資産価値を高め維持管理費を抑えられるお得がいっぱいな住まいです。

優遇制度について

グラン・スタイルは「長期優良住宅」「低炭素住宅」の性能基準を有しているため、
長期優良住宅、低炭素住宅の認定を受ける場合※8に利用できる
税制優遇を受けることが出来ます。

Grand Style Grand Style
※8 認定にかかる費用が別途必要です。
※9 標準的な性能強化費用相当金額(43,800円/1㎡)例えば、120㎡の木造住宅の場合、120x4.38万円=525.6万円の10%が控除されます。
※9 2021年12月31日入居分まで
※10 2020年3月31日まで

その他の優遇措置

贈与税の優遇

一般的な住宅 Grand Style
非課税枠
(最大課税額)

・2019年4月〜2020年3月まで
【消費税8%】・・・700万円
【消費税10%】・・・2,500万円
(基礎控除110万円を加え最大2,610万円)

・2019年4月〜2020年3月まで
【消費税8%】・・・1,200万円
【消費税10%】・・・3,000万円
(基礎控除110万円を加え最大3,110万円)

非課税枠(最大課税額)
Grand Style

・2019年4月〜2020年3月まで
【消費税8%】・・・700万円
【消費税10%】・・・2,500万円
(基礎控除110万円を加え最大2,610万円)

一般的な住宅

・2019年4月〜2020年3月まで
【消費税8%】・・・1,200万円
【消費税10%】・・・3,000万円
(基礎控除110万円を加え最大3,110万円)

登録免許税の軽減 (住まいの登記にかかる費用) ※2020年3月まで

一般的な住宅 Grand Style
所有権移転登記 0.15% 0.1%
所有権移転登記 0.3% 0.1% ※3
所有権保存登記 所有権転機登記
Grand Style
0.1% 0.1% ※3
一般的な住宅
0.15% 0.3%
※3 低炭素住宅の認定を受けた場合に限ります。 長期優良住宅の認定を受けた場合は、0.2%

不動産取得税の軽減措置 ※2020年3月まで

一般的な住宅 Grand Style
住宅取得に係る
課税標準の控除
1,200万円 1,300万円
住宅取得に係る課税(標準の控除)
Grand Style
1,300万円
一般的な住宅
1,200万円

固定資産税 都市計画税の軽減措置 ※2020年3月まで

一般的な住宅 Grand Style
新築住宅の
固定資産税の減税
当初3年間 120㎡相当を1/2 当初5年間 120㎡相当を1/2
新築住宅の固定資産税の減税
Grand Style
当初5年間 120㎡相当を1/2
一般的な住宅
当初3年間 120㎡相当を1/2

勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」 勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」