勝美住宅の取り組み

街づくりプロデュース

住まいづくりを重ねることで
辿り着いた、街づくりという新天地。

住まいづくりを通して、たくさんのご家族を笑顔にしてきた私たち。やがてその思いは膨らみ、一度にたくさんのご家族を幸せにしたい、と考えるようになりました。
つまり「街づくり」。数邸の小規模分譲から、百邸単位の大規模分譲まで、すでに私たちには多くの実績があります。もちろん、どんなに規模が大きくても、細部まで心を込めて設計することに変わりはありません。

造成から設計まで一貫して。

一邸を丹念に創りあげる。その延長線上にあるのが「街づくり」です。
まずは土地選定。周辺環境を吟味し、将来的に"街"として発展しうる場所を選びます。そして、街区内道路や公園、街並み景観といった街全体をプランニングしながら、一邸一邸の住まいをデザインしていきます。
私たちがお届けしたいのは、わが家の価値だけでなく、完成した街そのものの価値なのです。

街並みガイドライン 中規模・大規模団地では、統一感のある美しい街並みの形成と
開放感のある住環境を実現する為に、外構計画に対するガイドラインを策定しています。

[ 街並みガイドライン ] (パールヒルズ北舞子の例)
●遵守事項
   ①敷地境界の道路から1.0mまでは、ピンコロ(サビミカゲ)見切りで統一します。
   ②道路境界から40cmまでは、舗装材を統一します。(舗装材:ユニソン フラミア・アルテベージュ)
   ③舗装材から10cmの見切部は、下草(タマリュウ列植)とします。
   ④門柱・門扉設置の際は、道路境界から50cm後退することとします。
   ⑤幹線の引き込みは、引き込みポールを介し地中埋設に宅内に入線とします。
●推奨事項
・基本的にオープン外構の計画を推奨します。

建物の外観を壊さないから、
とってもスマート。

庭先のポールに電線をまとめて受け入れ、地中から屋内へと配線。 ごちゃごちゃした印象になりがちな電線の引き込みがスッキリとし、住まいの外観を美しいままに保ちます。

統一された景観が、
美しい街並みを形成します。

舗装材に暖色系の材料を制定し、街全体が温かみのある街並みになるように配慮しました。

たくさんの家族と出会える場所

「街づくり」を通してたくさんのご家族と出会うことは、多くのご要望をお聞きすることであり、それが新しい発想へと結びつきます。 私たちにとって大きなチャンスとなるビッグプロジェクトに、これからも挑戦し続けていきます。

街開きイベント 分譲地の造成完了を記念して街開きイベントを開催しています。
多くの地域の皆様にお越し頂いて楽しいイベントとなっております。

街づくりプロセス

近年の自社分譲実績

  • 稲屋北開発(28区画)
    稲屋南開発(33区画)
    姫路市別所開発(15区画)
    二見町福里開発(16区画)
    土山開発(54区画)
    尾上町口里北開発(32区画)
    千代が丘開発(69区画)
    城が山1丁目(12区画)
    野口町開発(19区画)
    谷八木開発(28区画)
    宮の上開発(10区画)
    立石開発(9区画)
    岩岡町開発(8区画)
  • 魚住町清水(33区画)
    阿弥陀町北池(14区画)
    玉津町吉田開発(8区画)
    玉津町吉田出合開発(18区画)
    大久保町北開発(17区画)
    大久保町南開発(9区画)
    高砂時光寺町開発(8区画)
    鳥羽開発(10区画)
    岩岡大道星開発(19区画)
    姫路市西延未開発(13区画)
    大窪開発(7区画)
    大津和2丁目(7区画)
    土山開発(116区画)
  • 金ヶ崎開発(12区画)
    平岡町高畑開発(25区画)
    東洋紡東二見(69区画)
    山下町開発(5区画)
    江井ヶ島開発(15区画)
    松陰開発(22区画)
    荷山町開発(15区画)
    亀が岡開発(7区画)
    上新地開発(7区画)
    松陰蜻蛉池(12区画)
    二ツ屋開発2期(4区画)
    魚住町清水開発(17区画)
    北王子(20区画)
  • 大道町開発(10区画)
    北別府(7区画)
    中尾開発(17区画)
    長坂寺開発(8区画)
    ウィンズタウン開発(36区画)
    林崎開発(22区画)
    尾上町安田開発(36区画)
    水谷3丁目(15区画)
    西岡開発(14区画)
    二ツ屋開発(16区画)
    大津和開発(8区画)
    上高丸開発(99区画)
    パールヒルズ北舞子(60区画)

地域貢献

地域に根づいた企業を目指して、
毎年「夏休み工作大会」を開催

毎年8月に「地域密着」「ものづくりの継承」をコンセプトに、「大工さんと作ろう!夏休み工作大会」と称した夏祭りを全店舗で開催しています。毎年、工作内容を各店舗のスタッフで案を出し合いながら、試行錯誤を重ねて決定。2016年で第14回を迎えました。近年では、参加者募集前でも夏が近づくと工作大会の問い合わせ電話が絶えず、地域に定着しつつあります。子ども達のかけがえのない楽しい夏の思い出作りに、大工さんとの工作や様々な催し物が地域の皆様の楽しみのひとつになっています。

地元地域の方々に
喜びや豊かさを供給

創業以来安定した事業を展開できているのは、地元地域の方々のご理解とご協力あってのことと感謝しています。
私たちは感謝の一環として、子供たちの豊かな感性をはぐくむために小学校へ楽器の寄贈を行っています。地元の小学校に通っている子供たちが卒業後もこの街に留まり、その子供たちが同じ小学校に通い世代から世代へと街づくりが受け継がれていってほしい。このような喜びや豊かさを地元の方々に供給することは地域密着企業である私たちの使命と考えています。

全てのモデルハウスを
「CO2排出量ゼロ」で運営

地球温暖化防止のため、日本の森林を守り、育てることは、木造住宅に携わる私たちの責務と考えています。 勝美住宅では、全てのモデルハウス運営において仕様や設備では削減しきれないCO2 量を同じ兵庫県である養父市市有林オフセットクレジット(J‑VER) により相殺( オフセット) することで、「CO2 排出量ゼロ」のモデルハウス運営を継続的に行い、温室効果ガス削減に貢献しています。

勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」 勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」