世界基準の高断熱トリプルガラス窓

窓
パッシブパッシブ

無料かつ無限の自然エネルギー

勝美住宅では自然エネルギーを最大限活用できる設計・家づくりをしています。

詳しく見る

パッシブデザインとは、電気やエアコンなどの設備に頼るのではなく、電気ではなく太陽の光、エアコンではなく心地のよい自然風といった、無限にある自然エネルギーを取り入れ、家計にやさしく、環境にもやさしい快適な住環境を実現する設計手法のことを言います。

 

勝美住宅では、将来に渡って使える無限の自然エネルギーを最大限活用できる設計・家づくりをしています。

図
パッシブデザインで涼しく快適な暮らしパッシブデザインで涼しく快適な暮らし

図

図

パッシブデザインを実践したモデルハウス 坂元モデルハウス

パッシブデザインを実践したモデルハウス 坂元モデルハウス

心地よい風が室内を通り抜け、エアコンに極力頼らない暮らしを実現心地よい風が室内を通り抜け、エアコンに極力頼らない暮らしを実現

やさしい光を取り入れる窓を配置して、部屋を明るくしていますやさしい光を取り入れる窓を配置して、部屋を明るくしています

「通風解析」を実施して、室内の風の流れを確認しながら設計「通風解析」を実施して、室内の風の流れを確認しながら設計

パッシブデザインで涼しく快適な暮らしパッシブデザインで涼しく快適な暮らし

図

図

パッシブデザインを実践したモデルハウス 坂元モデルハウス

パッシブデザインを実践したモデルハウス 坂元モデルハウス

写真窓の配置を工夫するなどして、陽の光を効率よく取り入れ、冬でも暖かい室内環境をつくりました

写真テラスにある落葉樹のアオダモは、夏は木陰を作り、
冬は葉を落として日差しを奥まで取り入れます

写真バルコニーの床が「庇(ひさし)」として機能し、
一年中日差しを上手にコントロールします

自然の風が生み出す心地良い
「1/fゆらぎ」

勝美住宅がつくる家では、兵庫県南部に吹く風をうまく取り入れ、心地よい風を感じることができます。

詳しく見る

自然の風には、「1/fゆらぎ(エフぶんの1ゆらぎ)」という独特の強弱のリズムがあり、これが心地よさを生みます。
現代の扇風機やエアコンにも「1/fゆらぎ」を再現する機能が付いたものもありますが、自然の風を完全に再現することは不可能であり、人工の風が自然の風の気持ち良さに勝る事は有り得ません。
勝美住宅では、兵庫県南部に吹く風をうまく取り入れる設計をしているので心地よい風を感じることができます。

自然の風が生み出す心地良い自然の風が生み出す心地良い

土地を「読む」ことが
パッシブデザインの第一歩

土地が限られている兵庫県南部では、その土地その土地の特徴を活かす必要が
あります。快適でエアコンに極力頼らない省エネな暮らしを実現するためには、
間取りが決まった規格住宅では、実現することができません。
勝美住宅では、快適で省エネな暮らしを実現するために設計士は現地調査から、
その土地に最適な間取り設計を考えます。

快適かつ経済的な暮らしを実現できる土地ごとの「正解」の間取り・設計を導き出します

設計士が現地調査でチェックする項目例

  • 日中にどれぐらいの日差しが入りそうか?
  • 隣接する家の給湯器や窓の位置を確認
  • 隣の空き地に将来、どんな家(建物)が経つかを想定する
  • 朝・昼・夜と時間を変えて、影の落ち方を確認etc...

快適Katsumiを実現する仕様・設計

窓

から「熱」
「お金」が 逃げていく

窓

断熱材

兵庫県南部で
「ちょうどいい」
断熱材を選びました

断熱材

パッシブデザイン

デザイン1つで
夏の暑さや冬の寒さ
コントロール

パッシブデザイン

安心の構造

長く住まうこと
を考えた
家族を守る家

安心の構造

建てる前に「家の燃費」を


建てる前に「家の燃費」を

勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」 勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」