お客様の暮らし方

Vol.15 連続した大空間が、楽しい我が家を生み出す

Vol.15 連続した大空間が、楽しい我が家を生み出す 神戸市 T様

住み心地はいかがですか?

ひな壇状にした敷地。オープンエアの駐車場から階段を上って玄関まで、青々とした西洋芝のアプローチが続きます。黒と白のコントラストの外観か映え、家族や訪れる人に心地よい刺激を与えてくれます。
結婚当初、1Kのマンションで暮らされていましたが、将来のライフスタイルを考えた際、マイホーム購入につながったそうです。弊社を含め、住宅メーカーを4、5社まわり、土地や建て売りを見学。思うような物件はなかなか見つからなかったとか。
「途中、疲れて家探しを中断。その間、各住宅メーカーの押しの強いセールスがありましたが、勝美さんはあまり連絡はなかった。それが、私たちには良くて、再度、注文住宅の良さを改めて見直すことができましたね」とご夫妻は言います。家づくりへのスイッチが入ったというご主人。妊婦だった奥様の代わりに本を何冊も買い、弊社のモデルハウスにも足を運び、自分たちの家に必要なものや間取りを研究。設計士に要望を伝え、修正を繰り返し、「大満足の我が家になりました」と喜ばれています。
玄関には収納室を設置。靴やベビーカーなどをしまっているので、余分なモノが目に入らず、スッキリ。1階は吹き抜けのLDKで、ワンルームの空間を温めるためにガスの床暖房にしました。濃い茶系のフローリングが室内に落ち着きをもたらしています。一部に和室を配置。「畳はいらないと思っていたのですが、やはり子どもがいると必要でしたね」とご主人。
リビングの階段を通って2階へ。踊り場のスペースには造り付けの机を作って、ワークコーナーに。2階の各部屋は北欧テイストをイメージしたインテリアで統一。ご主人は「この先、家族の気配とつながっていたい」と、主寝室にはある仕掛けが。濃紺カラーの引き戸を開けると、吹き抜けにつながるのです。
縦に連続した大空間はとても開放的。家族が増えるたび、小さな足音や笑い声、しゃべり声が響き渡る楽しいお住まいになりそうです。

Vol.16 応接間の役割を果...

一覧に戻る

Vol.14 おしゃべりを楽し...

勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」 勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」