スタッフブログ

★断熱性がいい住まいは、夏も快適?

連日蒸し暑い日が続きますね。

35℃や40度などという気温が天気予報で聞こえてきます。

私(4〇歳)が小学校の時の夏の気温といえば

最高でも32℃程度だったと記憶しています。

このままいくと、あと何度上がるのかと

思うとぞっとします。

 

そこでやっっぱり新築するなら、性能が気になるわけです。

どこの住宅会社さんも「断熱」がはずせないスペックになってきました。

でも、ここで気を付けないといけないのが夏場についてです。

 

結論をいうと、

例え、業界最高水準の断熱性でも窓から入る日射を

コントロールしないと逆に室温が上昇してしまうということです。

高断熱の住宅は、日射を取り入れて

室内が暖かくなると魔法瓶のように熱を逃がしません。

 

↓勝美住宅のハイスペック(グランスタイル)と省エネ対策等級4のまあまあの断熱の住宅で実験してみました。

前日18:00に2階の吹抜けにあるエアコン1台を24度設定にして

翌日14時30分頃にサーモカメラで撮影。(2棟とも)

外気温は34度。

 

標示の温度は壁面の温度です。

窓は

グランスタイル:三枚ガラス、遮熱性あり

まあまあの断熱:二枚ガラス

窓からの熱の影響が大きく、窓の遮熱性能がとても大切なのが分かります。

 

 

室温(左1階)はこちら↓

 

だから、夏場の窓際の日射をいかに遮るかが重要になります。

日がは入りそうな部分の窓をなくす?

いえいえ、それでは冬場の室内は暗く寒々しくなってきます。

 

じゃあ、がんがんエアコンを使う?

それでは本末転倒です。

 

省エネルギーの住宅を考える時、

家の断熱性などのスペックを高めるだけでなく

自然エネルギーをコントロールする設計配慮がとても大切です。

 

省エネルギーな注文住宅を検討されている方は是非体感しに来てください。

ちなみに、どのモデルハウスでも室内に入ると

とても涼しく感じますが、30分程度滞在してみてください。

違いが分かります。

 

ご予約はこちら↓

 

 

プロフィール


ブログ

年の差兄妹の育児に奮闘中の一級建築士。

「いいな!」と思った「住まいのアイデア」公開中。


Category

Archive

  • カタログ請求をする
  • 店舗を探す
  • モデルハウスを見学
  • イベントに参加
  • お問い合わせ

勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」 勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」