お客様の暮らし方

vol.41 海を感じる我が家

vol.41 海を感じる我が家 姫路市 T様

いつマイホームを建てようと思いましたか?

1年ぐらい前になります。結婚後、賃貸のマンションに住んでいましたが、所有もしていない住居にこの先、家賃を払い続けるぐらいなら、一刻でも早く我が家を建てようということになりました。

勝美住宅を知った理由と、決め手を教えて下さい

土地を探し始めたところ、住みたいエリアで売り出されていた土地の仲介業者が勝美さんでした。その時、新居を構えたばかりの友人夫婦が選んだ住宅メーカーが勝美さんだったことを思い出し、会社の評価を確かめるべく、すぐに電話をかけました。いずれも良いエピソードばかりで、彼らが最初の打ち合わせから完成までお世話になった営業担当の方を紹介してもらいました。

住んでいるエリアの環境はいかがですか?

最初に検討していた土地は残念ながら、縁がありませんでした。正直、ガックリしましたが、気を取り直して、生まれたばかりの長男が将来通うことになる学区や駅に近いことなど、私たち家族が住みやすいと思う様々な条件を挙げながら、勝美さんに探してもらったところ、ぴったりの土地が見つかり、今ではここで良かったと思っています。

他の住宅メーカーと比べて、勝美住宅の対応はいかがでしたか?

友人たちが太鼓判を押す通り、営業マンの方も建築士の方も相談しやすく、毎回、気持ちよく打ち合わせが出来ました。何より、強い“押し”がなかったのが有り難かったですね。実は、他社のモデルハウスを見学した際、アンケートに記入した住所をたどって、私たちの住まいに何度も押しかけられ、加えて、電話のセールスも頻繁でしたので、強引な営業にうんざりしていたのです。

どのスペースもオシャレなこだわりが見えますね

壁紙だけで雰囲気も変わるので、慎重に選びました。白が基調ですが、洗面スペースはあえて『海』を意識してブルーに。毎朝、スッキリとした気持ちで支度ができます。また、夫婦ともにファッションが好きなので、帽子や洋服をオシャレに見せながら、収納できるクローゼット室を設けました。おかげでその日のコーディネートも決めやすくなりました。

リビングはサーフテイストをイメージされたそうですね

1階のリビングはキッチンのスペースも含めて24畳あり、家族や友人たちからも「広いね!」と驚かれます。室内は、鎌倉で育ち、小さい頃からサーフィンを趣味とする夫に合わせたサーフテイストにしました。また、夫の実家が海のすぐそばということもあり、故郷を離れていても、海の雰囲気を少しでも感じられるよう、サーフボードを飾ったり、ブルーのソファを購入したりと、サーフカルチャーのムードに近づけました。カジュアルでいて、開放的な空間は、一番のお気に入りの場所になりました。

vol.42 ホテルのようなお...

一覧に戻る

vol.40 玄関収納とスロー...

勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」 勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」