お客様の暮らし方

vol.42 ホテルのようなお洒落さを我が家に

vol.42 ホテルのようなお洒落さを我が家に 姫路市 K様

勝美住宅はどのようにして知りましたか?

インターネットです。アパートに住んでいましたが、その居住エリアを変えたくなかったので、近い場所で土地が売り出されているかどうか、インターネットで検索したところ、勝美さんの分譲地がヒットしました。『建築条件付き』と書かれてあり、その意味も分からなかったので、直接、訪ねてみようと思いました。ホームページやブログの印象が良かったので、安心して伺うことができました。

営業担当者の第一印象はどうでしたか?

一見、フランクな印象でしたが、実際に話してみると、予想を裏切られるほど、とても丁寧な方で驚きました! 疑問だった『建築条件』や勝美さんのウリである注文住宅がどんなものかを教えてもらい、住まいづくりに必要な情報が1日で習得できました。その週末には、担当の方の案内で、希望する土地の見学に連れていってもらい、迷うことなく契約しました。実は、勝美さんに伺うまでは、他社の住宅メーカーを検討していましたが、その決定がひっくり返った今となっては、勝美さんにとてもご縁を感じています。

設計士との打ち合わせはどんな感じでしたか?

週に1度、勝美さんに通い、2時間の打ち合わせを設計士さんと重ねてきました。私たちの好みや普段の生活スタイル、今後はどのような暮らし方をしたいかなど、様々なことを上手く聞き出してくれ、私たちが暮らしやすい家をカタチにしてくれました。家事導線も良く、作業が効率的に進むことで、趣味の雑貨づくりにも時間を割けるようになりま。

壁紙にこだわられたそうですね。

以前、住んでいたハイツの壁紙は真っ白で偏がなかったこともあり、空間にアクセントが欲しいなと思っていました。主人が内装を一任してくれたこともあり、自由にさせてもらいました。イメージは『シックで高級感のあるホテル』。リビングの壁紙はグレーにして、温かみのある桜色の床材にしました。キッチンスペースはゴージャスな色と柄を選びました。以前よりも、張り切って料理を作っています。

寝室を和室にされたそうですね。

長い間、畳に布団を敷くという生活でしたので、畳の方が落ち着きますね。小上がりにしてもらったことで、空間に立体感が出ました。布団を仕舞えばただの和室になるので多機能に部屋を利用でき、気に入っています。

収納はどうですか?

設計士さんと相談して、「あったらいいな」という場所に収納は全て設けていますが、念願だったウォークインクローゼットも設計プランに入れてもらいました。服やモノも次第に多くなり、収納スペースが足らなくなると、空間にモノが溢れかえってきます。一堂に収納できることで、整理整頓ができ、気持ちもスッキリとします。私たち家族の仕様で作られた注文住宅のおかげで毎日、快適に過ごしています。

vol.43 壁の凹みを利用し...

一覧に戻る

vol.41 海を感じる我が家

勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」 勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」