お客様の暮らし方

vol.56 婚約を機にマイホームを計画。オシャレな新居で新生活スタート

vol.56 婚約を機にマイホームを計画。オシャレな新居で新生活スタート 姫路市 N様

ご夫妻は20代ですよね?

結婚式後に入居されたと伺いました

そうです。婚約後、マイホーム購入を決意しました。新居完成日を、結婚式より1、2か月ほど前に決め、ゴールに向かって計画を進めました。結婚式で、参加者の方にお知らせする新居の住所ですが、早速、この家を紹介することが出来ました!

婚約の際、すぐにマイホーム購入を決めた理由は何ですか?

会社の上司が、結婚に合わせて新居を事前に建てた人だったんです。婚約の報告をすると、「賃貸のマンションやアパートに家賃を払うのはもったいないから、建てた方がいいぞ。引っ越しもめんどくさいし」とアドバイスしてくれ、実際にその通りだなと思いました。妻はびっくりしていましたが、とても喜んでくれました。ここは妻の実家から歩いて3分ほどで帰れる距離なので・・・(笑) とにかく、家の打合せや結婚式の打合せでバタバタした2年間でしたね。

当初は建売も検討されていたそうですね

はい。勝美さんに訪ねた当初は、注文住宅がどんなものか知らなかったので、建売でもいいかと。実は他の住宅メーカーのモデルハウスを見たことがあったのですが、あまりに一般的でピンと来なかったんです。「こんなもんなんだな・・・」って感じ。でも、勝美さんのモデルハウスに連れて行ってもらった時、あまりにオシャレで驚きました。「僕たちもこんな家が持てるの?」と思いました。予算を聞いたら、「建てられる!」と思ったので、勝美さんにお願いしました。

こだわったところはどこですか?

間接照明ですね。リビングは天井に向かって光を当てたコープ照明を取り入れました。土地が東西に長いということもあり、真っすぐ奥へと伸びた光のラインがさらに奥行を感じさせます。また、室内全体を柔らかい光が包み込んでいるので、仕事の疲れがスーッと癒されていくようです。寝室もモノが書けないほど、落ち着いた照明にしたので、すぐに寝ちゃいます(笑)

玄関が明るいですね

玄関の扉を開けたその正面に、腰高あたりまでの下窓を設けました。たくさんの光が取り込めますし、視線も外へ抜けるので圧迫感がなく、開放的な空間の演出が出来ました。玄関は良く“家の顔”と言われますが、設計士さんのおかげで、“良いの顔”になりました。

新居での生活はいかがですか?

家の居心地が良すぎて、外出が減りました(笑)。プロジェクターも完備したので、映画も楽しめます。何より、僕は独身時代、社宅に住んでいたので、家の大きな浴槽に浸かると、幸せを感じます。あと、リビングルームから続くウッドデッキに置いたハンモックに揺られてゆったりとした時間を楽しんでいます。外からの視線を遮った背の高い塀にしているので、プライベートもしっかり守れています。

この家は、自分たちの思いが詰まっていることと、妻のおばあちゃんの提案で、上棟式はもち投げをし、ご近所さんにも喜ばれ、盛り上がったこともあり、入居前から愛着を感じる我が家になりました。

vol.57 思わず見上げる吹...

一覧に戻る

vol.55 整理整頓にこだわ...

勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」 勝美住宅の賃貸住宅「快適Katsumiメゾン」